[リストへもどる]
一括表示
タイトルRR-Zのウェットコースの走り方
記事No557
投稿日: 2004/10/24(Sun) 23:52:26
投稿者BNR32
初めて投稿します。RR-Zのウェットコースの走り方が全然分かりません。
誰か教えてくださいな。ちなみに車はFDです。

タイトルRe: RR-Zのウェットコースの走り方
記事No560
投稿日: 2004/10/25(Mon) 23:11:52
投稿者YHWA(酔っぱらい)
ウェットコースだとRX-7はトラコン付けないと苦しかったような記憶があります。
確かトラコン付ければウェットで優勝まではいけたと思うのですが。
チャージャー系を足した方が速いかどうかまではさすがに覚えていません。
ttp://zero4champ.com/kou/rr/hasi.html
走り方に関してはここを参考にしてみてください。
フルチューンでもウェットコースで勝てないのなら、あとはひたすら練習あるのみです。
アイスコースのことも考えると、とっとと4WD車を買った方が手っ取り早いのですが。

タイトルRe: RR-Zのウェットコースの走り方
記事No565
投稿日: 2004/10/27(Wed) 16:40:29
投稿者QWE
ここでのお勧めの車はセリカです。
セリカは価格も手頃でアイスコースでも使えますから。
しかし高回転での伸びは今一歩です。だからといってBターボ3つ装着すると低回転でホイールスピンしてセリカ本来の実力を発揮できなくなります。ここはTCSを含めたフル装備、Bターボ、Sチャージャー、Hチャージャーでいくのがいいと思います。
アイスではHチャージャー×3でいくのがよろしいかと。ただし先ほども述べた通り高回転では頭打ちになってしまうので5〜6000回転でシフトチェンジをしてください。
あとはアルバイトあるのみです。頑張ってください!!

タイトルRe^2: RR-Zのウェットコースの走り方
記事No568
投稿日: 2004/10/27(Wed) 19:00:14
投稿者YHWA(酔っぱらい)
ちょっと試してみました。
やはり私の結論はストーリーのウェットコースのおすすめはGTOですね。
セリカだとウェットコースで優勝するのにTCS以外のチューンが必要で、
チャンプに勝つにはTCSまで必須となるからです。
GTOだとパーツはビックターボX2、インタークーラー、6MT、レインタイヤで、チューンはリミッターカットとポート研磨だけで何とか勝てます。
ただしこの仕様だとかなり厳しいので、ビックターボをもう一つ追加すればかなり楽になります。
なぜビックターボX2なのかというと、ドライコースで勝てる最小パーツ構成がビックターボX2だからです。
ドライコースでビックターボを3つ買っていれば、
投資金額は車両代とチューン代にレインタイヤだけで確実にすむので、
ドライコースの優勝賞金でほとんどがまかなえます。
ウェットで勝てばまた500万もらえるので、
その金でTCS以外の残りチューンとハイパーチャージャー三つに4MTとスタッドレスタイヤを買えば、ウェットとアイスはチャンプまで戦えます。
アイスコースの賞金があまるくらいです。
セリカだとTCSが必須なので、トータル金額的にGTOと比べて不利になるわけです。

ついでに私の考える最も効率の良い買い物の手順を載せておきます。
ドライ:RX-7、できるチューン全部、ビックターボX2(優勝するのがつらかったらもう一つ追加)、インタークーラー、6MT、スリックタイヤ
ウェット:GTO、CPUチューンとポート研磨、レインタイヤ、
(ビックターボX2でドライが優勝できる腕前ならレインコースもビックターボX2で勝てると思いますが、もし勝てなかった場合はビックターボX1)
アイス:ハイパーチャージャーX3、4MT、スタッドレスタイヤ、余った金でGTOにできる限りチューン(別に追加チューンしなくても勝てたような気もする)
アイス賞金入手後:RX-7のポート研磨、スーパーEFI2台分、勝ってなかったらビックターボX1、その他まだやっていないチューンがあったら(TCSは必要ないがドライのチャンプが苦しいようだったらつける)
とまあ以上の例は効率よくゲームをクリアするためだけのものなので、
結局は自分の好きなようにプレイするのがよろしいかと思われます。
ちなみに上記の例は私がクリアタイムアタックをやるときにいつも使う手法で、
これを使って他にも色々工夫をすると、
裏技無しでチャンプに勝つ前の最終セーブデータにて1時間を切ることができます。

タイトルRe^3: RR-Zのウェットコースの走り方
記事No571
投稿日: 2004/10/29(Fri) 16:51:00
投稿者QWE
> ちょっと試してみました。
> やはり私の結論はストーリーのウェットコースのおすすめはGTOですね。
> セリカだとウェットコースで優勝するのにTCS以外のチューンが必要で、
> チャンプに勝つにはTCSまで必須となるからです。
> GTOだとパーツはビックターボX2、インタークーラー、6MT、レインタイヤで、チューンはリミッターカットとポート研磨だけで何とか勝てます。
> ただしこの仕様だとかなり厳しいので、ビックターボをもう一つ追加すればかなり楽になります。
> なぜビックターボX2なのかというと、ドライコースで勝てる最小パーツ構成がビックターボX2だからです。
> ドライコースでビックターボを3つ買っていれば、
> 投資金額は車両代とチューン代にレインタイヤだけで確実にすむので、
> ドライコースの優勝賞金でほとんどがまかなえます。
> ウェットで勝てばまた500万もらえるので、
> その金でTCS以外の残りチューンとハイパーチャージャー三つに4MTとスタッドレスタイヤを買えば、ウェットとアイスはチャンプまで戦えます。
> アイスコースの賞金があまるくらいです。
> セリカだとTCSが必須なので、トータル金額的にGTOと比べて不利になるわけです。
>
> ついでに私の考える最も効率の良い買い物の手順を載せておきます。
> ドライ:RX-7、できるチューン全部、ビックターボX2(優勝するのがつらかったらもう一つ追加)、インタークーラー、6MT、スリックタイヤ
> ウェット:GTO、CPUチューンとポート研磨、レインタイヤ、
> (ビックターボX2でドライが優勝できる腕前ならレインコースもビックターボX2で勝てると思いますが、もし勝てなかった場合はビックターボX1)
> アイス:ハイパーチャージャーX3、4MT、スタッドレスタイヤ、余った金でGTOにできる限りチューン(別に追加チューンしなくても勝てたような気もする)
> アイス賞金入手後:RX-7のポート研磨、スーパーEFI2台分、勝ってなかったらビックターボX1、その他まだやっていないチューンがあったら(TCSは必要ないがドライのチャンプが苦しいようだったらつける)
> とまあ以上の例は効率よくゲームをクリアするためだけのものなので、
> 結局は自分の好きなようにプレイするのがよろしいかと思われます。
> ちなみに上記の例は私がクリアタイムアタックをやるときにいつも使う手法で、
> これを使って他にも色々工夫をすると、
> 裏技無しでチャンプに勝つ前の最終セーブデータにて1時間を切ることができます。
確かにそのほうがお得ですね。
未熟なもので、ご指摘ありがとうございます。